秋山初めは 池から沼へ、そして原へ①

2014・9・13(土)〜15(月) 会津駒ケ岳〜尾瀬沼〜尾瀬ケ原

f0353034_21595170.jpg
初めて会津駒ヶ岳に登ったのは昨年の10月。 
下はいい天気だったのに、小屋の付近は濃霧で何も見えずに到着。翌朝は初雪がうっすら積もっており早めに下山。駒の大池の場所すら確認しないで終わった山行。
でもこの時に出会えたのが、まつおくん母子とくみちょうさんです(*^^*)

そして今年の5月、駒中のみっちゃんの先導で矢車草さんご夫妻、まつおくん母子と一緒に感動いっぱいの残雪の駒へ♪

晴天を願った今回、念願の二つの池を確認しようと登ってきました。




ワンシーズンに何度かお世話になる「尾瀬夜行23:55」ですが、今年は今回が初めて!
f0353034_21452001.jpg
ゆったり座席を占領して乗れるので夜行バスより楽なのに眠れないのはどちらも同じ…
もう来年からは夜行は無理かな!
三連休のこの日も利用者はたくさんいましたが、会津駒ヶ岳登山口で下車した方は想像よりも少なかったように感じます。

f0353034_21451426.jpg
トイレを済ませて身支度を整えたら、この橋を渡ってスタート。
いつものように水音を聞きながらゆっくり歩き出します。

f0353034_21450575.jpg
まだ身体が目覚めていないのか重い足取りで近道を登っていくと、木々の間から朝日が眩しく差込んできます。暑くなるとつらいけど、今日はいい天気の中歩くことが出来そうです。

f0353034_21445772.jpg
ツリフネソウにも朝日があたり輝いて見えてます。

f0353034_23464878.jpg
さぁ、ここまでは準備運動!これからが本番の登山道です。
すでにフーフーな私。登るのに何時間かかるのか心配ですが泊まりですから、のんびりゆっくり歩き。

f0353034_21443791.jpg
こんなに急登だったんだな〜、いつまで続くんだっかかな〜と思いながら、とにかく一歩一歩足を前に出すのが精一杯!
一ヶ月半ほど山を歩いてないので体力も落ちているからか、本当にしんどかった(>o<)

f0353034_21443116.jpg
登りのつらさを癒してくれるのはリンドウやアキノキリンソウなどの花々や、オオカメノキの赤い実。
更にはこの季節ならではのキノコ達です。登山道脇を探しながら歩いて見つけてはパチリ。かわいい♡
f0353034_00222869.jpg
そして不思議なこの穴もたくさん見かけました。何か小動物の巣穴なのかな?

f0353034_21442826.jpg
だいぶ登って眺望も良くなってきました。こちらは越後三山の方角だったかな…?
前回みんなで人形焼きを食べて休憩したのはこの辺りだったのかな、もう少し登ってからかな。
美味しかったな〜

f0353034_00232023.jpg
木道になったら待ち望んだ光景がすぐ見えてくるずです。

f0353034_21440403.jpg
小屋の姿が遠くに見えてきました。ベンチで休憩しながらしばしこの時間を楽しみます。そして

f0353034_00243990.jpg
目の前に憧れていたこの光景が広がります。
みんなのブログで見ていたこの景色がいま自分の前に広がっているのです。黄色く染まり始めた草原です。 もう感激でしばらく登るのがもったいなくて眺めていました。
f0353034_21425498.jpg
ちゃんと駒の大池も確認して駒の小屋に入ってご挨拶。今回もお世話になります。
登っている時は青空の見えていたのに、到着した頃はご覧のように霧が出始めたので中門岳は明日にして昼食を食べたらお昼寝タイムです。
f0353034_21404669.jpg
目覚めては池の周りをちょっと散歩してたり、コーヒーを飲んではいろんな事を考えたりしながら過ごします。
f0353034_21403815.jpg
残念ですが夕焼けはみれないまま、小屋にはランプが灯る時間です。
今回の夕飯は砂肝の中華マリネ、厚揚げのフライパン焼き、きのこパスタでした。


f0353034_02495076.jpg
翌朝、日の出時間に合わせて起きましたがちょっと雨が降っていて、朝焼けも次回までお預けです。
朝食を食べ終えとにかく中門岳に行ってみる事にします。雨は止んでますが滑り易くなった木道の巻き道を進みます。
f0353034_21403190.jpg
しばらくすると背後、会津駒ヶ岳山頂方向から朝日が輝きを増してきました。
f0353034_21402645.jpg
雲も薄くなり霧が流れ、歩いて来た木道がず〜と先まで見えるようになってきました。
f0353034_21401497.jpg
朝露をたっぷり付けた草花がキラキラかがやき、息をのむ美しさ。胸がぐっとあつくなってきます。
f0353034_21400792.jpg
早くに小屋を出たので近くには誰もおらず、幻想的な光景を独り占め。なんて贅沢な時間でしょう!
f0353034_21375099.jpg
池塘の周りもきらきら、キラキラ♪ すべてが清々しく霧と一緒にゆったりと流れていく時間です。

f0353034_21353547.jpg
それが中門大池が見えて来たら雲が切れて急に青空が!駒の神様はなんて素敵な演出をして下さるのでしょう♡
f0353034_21352928.jpg
風もないので、池に青空が映り込み鏡のような湖面です。こんな綺麗な池を見れるなんて、誰も考えていなかったでしょう!

高揚した気持ちを落ち着けると、木道が更に続いているのに気づきます。
もうここが終点と思い込んでいたのでどこまで続いているんだろうと奥に進むと…
f0353034_21335290.jpg
池塘の奥庭をぐるっと一周できるように木道が通っていて、うわぁ〜♡と声が出てしまう。
f0353034_21335895.jpg
今日はもうこのままいい天気になるだろうと思わせる日差しになってきました。
f0353034_21342406.jpg
燧ヶ岳もスッキリ綺麗な姿を見せてくれました。今年も眺めるだけだったな〜。
f0353034_21331367.jpg
いつまでも居たいけど、帰る時間です。姐さん笑い飛ばしてくれてありがとう!
あと一ヶ月半ぐらいで小屋閉め、もう今年は来れないかな…。
f0353034_21330740.jpg
今日はこんな片側が崖になっている所があったり、湿原があらわれたりと変化に富んだ冨士見林道を通り、大津費岐峠からキリンテに下ります。
f0353034_21330099.jpg
葉が赤く紅葉したイワカガミが一株きれいに咲いている場所がありました。春に咲くの忘れちゃったのかな?
f0353034_21310967.jpg
大津岐峠で御池とキリンテに分岐します。樹林帯に入るので眺望はここまでです。
f0353034_21310565.jpg
とっても歩き易くいい道なのですが、誰にも会うことなくひたすら下る長い長いこの道。
眠さとザックの重さでだんだん辛くなってきました。
f0353034_21305251.jpg
今日も励ましてくれるのは様々なキノコ達ですが、それも最後の方はもうしゃがんで写真を撮るのも大変に!2時間半ほどの下りで脚はもうガクガク、パンパンです。
f0353034_21301672.jpg
どうにかバスの時刻に間に合うように下る事ができ、ご褒美に裁ち蕎麦を食べて尾瀬沼に向けて力をつけました。
f0353034_21300568.jpg

この先に広がる尾瀬沼の様子は②でお伝えしますね。
長いレポにお付き合いありがとうございました。



[PR]
Commented by yamabuki at 2014-09-18 05:44 x
素敵な山行ですね!
一度訪ねてみようかなぁ・・・
ヲイラはいびきがうるさいとかみさんがよく云うので
小屋泊まりは あまり得意じゃないんですが・・・(T_T)・・・
Commented by 矢車草 at 2014-09-18 08:10 x
山うさぎさん、おはよー♪

駒へと続くメルヘンだけど、辛い(笑)最後の登りも、
もう秋色に染まり始めたのですね~♡
池2つ見れて良かった!(*^^*)
青く輝く中門の池が とっても綺麗♪

静かないい時間でしたね♡
私も今回はキリンテヘ下山する予定なの。
山うさぎさんの足跡探して来ますね(^-^)/

沼も行ったとは羨ましいなぁ♪
続きも楽しみに待ってます

Commented by yamausagi-sa at 2014-09-18 22:57
☆ yamabukiさん

こんばんは〜♪
早速お越しいただき、ありがとうございます。
お二人も北ア、新穂高方面を楽しまれたんですよね(*^^*)
いかがでしたか?

会津駒ヶ岳、是非一度登ってみて下さい。
今回お会いした方々もみなさん、来て良かった!また来よう!
とおっしゃてましたから、きっとお二人にも気に入っていただけると思います。
小屋はもう先に寝たもの勝ちですから大丈夫ですよv(^o^)v
Commented by yamausagi-sa at 2014-09-18 23:20
☆ 矢車草さん

しっかり見て来たよ〜♪ 
山の上はやはり季節の進み具合が違うんですね。
もう秋が駆け足でやって来ており、この週末は更に色づいた草紅葉となってることでしょう。
登山道では、いろんなキノコが顔を出していたので、それも楽しんで来て下さいね。

冨士見林道ですが、所々で笹薮で木道が見えなく滑ったり、
継ぎ目につまずいたりしましたから気を付けてね!
きっとイワカガミ、まだ咲いてるよ♡ いってらっしゃ〜い(*^^*)/

Commented by まつおの母 at 2014-09-20 12:04 x
こんにちは~(^^)/

あ~!!実はまだ中門岳のあの先の本当のピーク?行って無いのです...いつか行かなくては!!駒の大池の朝も中門岳への道のりもいついっても心落ち着く場所で大好きです。

今年は紅葉進むの早そうですね?尾瀬はどんな具合でしたかね~?

続きも楽しみにしています!!
Commented by みっちゃん at 2014-09-20 14:15 x
山うさぎさん、こんにちは〜o(^▽^)o♪
お山の天気は不思議よね、とっても良いお天気と思ってもあっという間に靄につつまれたり、視界不良と思いつつもふわ〜っと晴れたり!
中門岳を素敵な青空の下で過ごせて、本当に良かった(*^^*)♪
キリンテへの道もなかなかタフで楽しかったでしょ!!
さてさて沼や原はどんなかなぁ?つづきも楽しみっ(*^^*)♪
Commented by yamausagi-sa at 2014-09-20 20:53
☆ まつおの母さん

こんばんは〜♪
みんなが中門岳に向かうこの道が好きなの、とっても納得したよ〜☆
もう何処を向いても感激する場面ばかり! 朝霧の中、夢のような時間でした。
小屋に戻る時に、そうかこの辺りでゆかりちゃんは野うさぎを見たのかな〜なんて思いながら歩いたよ。

中門大池の奥…とっても素敵だから次回は行ってみてね。

残暑の日が短く、寒さが来たので今年は紅葉が早いかもね。
次週も楽しみなのだ〜(*^o^*)/

Commented by yamausagi-sa at 2014-09-20 21:33
☆ みっちゃん

こんばんは〜☆
もう、駒の小屋まで6時間弱かかちゃたよ〜(苦笑)
小屋の姿が見えて、どんなにホッとしたことか(^o^)v

本当にお山の天気は変化が早いわよね。今回も諦めたり、歓喜の声を上げたりで、一人でテンションの↑↓してました。(苦笑)
中門大池での、あの青空はもう想像もしていない出来事でした♡

小屋から大津岐峠の分岐までの変化に富んだ道は、とっても楽しかった♪
普段、あんな崖際の岩を乗り越えたりして歩かないのでドキドキしながら歩いたよ!
分岐からの下りは最後の方はちょっと飽きちゃって、いま思うと勿体なかったかなて・・・
こんどはもっと体力つけて歩かないとね(>o<)
by yamausagi-sa | 2014-09-17 16:51 | 山 2014 | Comments(8)

自然の中をてくてくと…時には雲の上まで歩きたい。山のことを中心に日常のetc


by 山うさぎ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31