紅葉手前の牛の寝通り

2014・10・11(土) 小屋平BS〜石丸峠〜牛の寝通り〜モロクボ平〜小菅の湯

f0353034_21261616.jpg
今年、丸鍋を買いに大菩薩嶺に登ったのは7月…
その時に何人かの方が小屋平BSで降車したので、どこを歩くのか調べてみたのが今回のコースです。
当日、残念ながら紅葉にはちょっと早かったのですが気持ちの良い森歩きでした。




f0353034_21254702.jpg
最大級の台風が接近しているこの3連休、いつもの様にどうしようか煮え切らないまま金曜日に。
考えていた金峰山は最初はどうしても富士見平から登りたいので、今回は持ち越しに!
そこで以前気になった小屋平BSから歩き出します。

f0353034_21251999.jpg
ウォーミングアップ程度にちょっと登ると一旦林道にでます。そこを登山道に向かって歩いていると右手に南アルプスがうっすら見えてます。

f0353034_21254294.jpg
すぐに登山道に戻るので、カラマツの色付きはまだだなぁ〜なんて考えながら登っていくと

f0353034_01341661.jpg
木々の合間からは富士山が優美な姿を見せてくれました。はっきり見えるのもいいけれど、こんな優しい感じも好きだな♡
f0353034_21532811.jpg
今度はどこから姿が見えるのかと思いながら登っていると、朝の柔らかな光りにカラマツが黄金色に輝いています。
歩き出した所と色付きがこんなに違うんですよ。
f0353034_21242421.jpg
更に進むとカラマツの合間から笹の草原がちょっと見えてきました。石丸峠がどんな所か楽しみです。
f0353034_21240514.jpg
もう少しかなと思っているとカラマツの林が終わり、富士山がまた現れました。
裾野までのシルエットがとても美しい!
f0353034_21235649.jpg
カエデ等の広葉樹が自分の色に染まり初めるところですね(*^o^*)/
f0353034_21235165.jpg
あ〜〜、これ! この笹原が見たかったのよね〜。もうすぐだ〜
f0353034_21234518.jpg
どんなお花が咲いていたのかな?風に乗って次の居場所を探してね。
f0353034_21540758.jpg
石丸峠に到着。ご夫婦一組が休憩されてるだけで静かです。一緒にバスを降りた方々はもう随分先を歩いているのかな…
f0353034_21233933.jpg
この峠をもっと楽しむのなら、こちら熊沢山の方から下りてくるのが良かったのかも? 次回はそうしてみましょ。
長居したいのですが今日はこの先もまだまだ距離があるので再スタートです。

f0353034_21541819.jpg
小金沢山方面に向かって歩くと、すぐに牛の寝通りの標識が出てきます。
ここで眺望は終わり、森の中の尾根入っていきます。

f0353034_21542472.jpg
入り口横にあったこれは、なんの木だったかな? 
f0353034_21225886.jpg
苔も生き生き綺麗だな〜

f0353034_21224465.jpg
この辺りは紅葉が進んでいて、赤のグラデーションがいいね♡

f0353034_21224088.jpg
ちょっと見えたこちらは、どちら方面? これじゃ駄目ですよね、もっと地図みて確認しないと!


f0353034_21223393.jpg
足元には赤い実が落ちているので見上げると
f0353034_21222676.jpg
ナナカマドの木でした。

f0353034_21222126.jpg
前後に誰もいないので、いつ立ち止まっても大丈夫。ひとり「いいね〜」と言いながらパチリ

f0353034_21221547.jpg
見上げてはイタヤカエデはまだだなぁ〜と思いながらパチリ
f0353034_21221057.jpg
山の栗は小さいな〜と思ったり、ドングリ拾っていこうか、ちょっと選んだり、今日ものんびり・
ゆっくり
f0353034_21220551.jpg
う〜ん、いい感じの巨木もある。
f0353034_21214112.jpg
この子にはスポットライトが当たってる。

f0353034_21213180.jpg
f0353034_21212632.jpg
逆にこちらは雷でも堕ちたのかな? これから朽ちて土に返るには長い年月がまた必要だね。

f0353034_21211803.jpg
これは樹肌が面白かったな。

f0353034_00422323.jpg
紅葉にはまだ早かったけど、黄色に染まり始めるばかりの森もいいもんです。

f0353034_21210631.jpg
座って休憩するのに適した場所がなかったので、今日は歩きながらパンを食べただけ…
やっとここで座って休憩しましょう。
f0353034_21210160.jpg
夏の冷凍ゼリーを持ってきたのでいただきます。ちょうど溶けきったくらいで冷た過ぎず美味しい(^o^)

f0353034_21205856.jpg
さぁ、おやつを食べてらそろそろバスの時間も気になってきたので、スピートアップで下ります。
f0353034_21205013.jpg
時々、足元にも彩りがありますよ。
f0353034_21204553.jpg
最後は杉の植林をスタスタと、と言いたいのですが今日は登りは石丸峠までに1時間ちょっとのみ。
あとはひたすら下りなので、この頃は膝はガクガクでした。
f0353034_21203987.jpg
この橋を渡ればゴールの小菅の湯登山口。里に下りてきました。
f0353034_21203474.jpg
橋のたもとで咲いていたのはオオマツヨイグサ(大待つ宵草)
月見草とずっと思っていたのですが、palletさんのおかげで間違って覚えていたのを知ったのです。


下りを楽しんだ一日。足は疲れたけれ、紅葉はしてなくとも楽しい道でした。
今週末は私が歩いてから2週間が過ぎ、だいぶ色付いてきたかもしれません。


ちょっと遅れたUPにお付き合い、ありがとうございました。

[PR]
Commented by akko-kornblume at 2014-10-21 13:48
こんにちは!

まだ歩いていないところ~いい感じの場所ですね!
唐松も綺麗な黄葉??
青い富士山も素敵だし、静かな山歩きを楽しめて良かったですね。

膝ががくがくだったの?私も絶対に膝が痛くなるかもなコースなのね。
山梨の山の黄葉はもう少し先なのかな?
Commented by yamabuki at 2014-10-21 18:40 x
ようこそ、おらが地元へ!ここら辺はイイ感じでしょ。
あの笹っぱらも樹木の中の尾根歩きも。。。
今度は小金沢山~牛奥の雁ヶ腹摺~黒岳~大蔵高丸~滝子なんてどうですか?もちろん〆は 笹一酒造ですが(^_-)-☆
Commented by pallet-sorairo at 2014-10-21 18:48
私が初めて石丸峠を見たのは、まさに熊沢山からでした。
yamausagiさんの言で目の前に広がった笹原の斜面に息を飲んだことを思い出しました~♪
牛の寝通りはなんだか静かすぎて私は一人で歩く気にはならないんだけど
yamausagiさん、単独ってすごいですね! 
記事中に突然palletが出てきたんでびっくりしちゃいました
少しはお役に立ってたのね(^^ゞ
Commented by yamausagi-sa at 2014-10-21 22:25
☆ あっこさん

こんばんは〜♪
山梨方面のこれくらいの標高では、カエデなどの紅葉にはもう少しあとになりそうですね! 
唐松が綺麗だったので嬉しくなっちゃいましたけどね。

ここね、陣馬山の一ノ尾根より下りが長かったの(>o<)
だから人が少ないのかな?  
行程が長いのにトイレがないのも女性にはつらいからかな…

また歩きたいと思う場所なんだけね!
Commented by yamausagi-sa at 2014-10-21 22:54
☆ yamabukiさん

こんばんは♪
ブログにおいでいただき、ありがとうございます。
2週連続で地元におじゃまいたしましたよ〜(^o^)/

どうしても大菩薩嶺の方に人気は集中しますが、こちらもとっても良かったです。
欲を言えば、笹原をもっと楽しみたかったので大菩薩峠から石丸峠に歩けば良かったのかと、あとで地図を見て考えました。

牛奥ノ雁ヶ腹摺山や雁ヶ腹摺山などは気になってるけど行きにくい山なんですよね。
こんど挑戦してみたいコースです。もちろん〆も一緒にね!
Commented by yamausagi-sa at 2014-10-21 23:15
☆ palletさん

こんばんは〜♪
無断でご出演いただき、ごめんなさい。 出演料はサービスして下さいね(笑)
黄色のあの花が目に入った時、すぐに名前の事が思い浮かんだの…
あれを読んでなかったら間違ったままだと思います。ありがとうございます

バスを下車した時は、こんなに静かな山歩きになると思わなかったのですが、
広〜い山の中、いろんなコースに分かれていくとやはり寂しくなりますね。
暗い樹林帯では熊鈴の音が聞こえる範囲に人がいると、やはりホッとします。
安全も考えて少な過ぎるのも避けているのですが、外れる時も…。
palletさんとゆきさんコンビが羨ましいです♡
Commented by みっちゃん at 2014-10-22 08:32 x
紅葉が始まっていなくても、やっぱり秋の気配たくさん。静かで気持ちの良い山歩き、素敵ですね〜。
がつがつ走ったりしてないで、のんびり歩こうよ、私σ(^_^;) なんて思ってもみたり。
山うさぎさんのレポを読むと、ホント山への愛情溢れていて、なんだか原点に帰る気持ちになります♡ありがとう!
Commented by koruko-yuki at 2014-10-22 11:30
こんにちは。
グッドタイミングのアップですね!
今度の週末によさそう、ってとってもそそられます。
お天気もいいはずですし。
問題は : この週末は行けないってことです。
ざんね~ん ( ̄д ̄)
Commented by yamausagi-sa at 2014-10-22 21:51
☆ みっちゃん

こんばんは〜
今日は寒かったけど、体調は大丈夫かな?
この寒さで奥多摩や奥武蔵あたりも紅葉が一段と進みそうだね。

私はみっちゃんの、やりたいから悩んでる・・・だったらやってみよう!
この考えが大好き♡  私もそう思ったら一人で泊まりの山にも行けるようになったの。
だってもう初めて一人で駒の小屋に行くのに、予約の時点でどんなに迷ったか(笑)
だから姉さんの笑い話のネタになるような緊張の行動になったんだけどね(>o<)

山の楽しみはその時々、ガツガツ頂上だけを目指す時も、裾野散歩もあり、
自由に楽しみましょう♡
Commented by yamausagi-sa at 2014-10-22 22:02
☆ ゆきさん

こんばんは。
今日、明日の寒さで低山の紅葉も、一段と加速しそうですね。
この牛の寝通りは紅葉も綺麗なので、新緑の頃もいいと思うんですよ。
秋には無理でも、春がありますから、ちょっと覚えておいて下さいね。

皆さんに参考にならないのは、時間をきちんと見て記録してないところなんです。
どうも各地点で時計を見る癖が、なかなか出来なくて(^o^;)
練習しなくては・・・です。
Commented by ゆき at 2014-10-22 22:11 x
またまたこんばんは。
時間の記録、私はこの頃はすっかりカメラにお任せです。
時計を見るのは次の休憩まであとどのくらいってことくらい。
コンデジだから気楽なのかしら。
by yamausagi-sa | 2014-10-21 01:55 | 山 2014 | Comments(11)

自然の中をてくてくと…時には雲の上まで歩きたい。山のことを中心に日常のetc


by 山うさぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30