冬の宿題終了 春の社山へ

                      2016・5・28(土)
                            狸窪~半月峠~阿世潟峠~社山~阿世潟峠~阿世潟
f0353034_08332513.jpg
「社山」この名前の山を知ったのは今年の1月
日光に向かう電車の中で偶然 palletさんにお会いし、
皆さんとご一緒させていただいたからでした。

雪の少なかった今年の冬
そうは言っても朝一番の電車での日光に来ての登頂は、
帰りのバスの時間を考え途中で断念したのでした。





f0353034_08360074.jpg
あの冬の日の快晴とは違い、今日は高曇り
今回のコースはちょっと遠回りなので先を急ぎます。
f0353034_08354558.jpg
イタリア大使館別荘記念公園に向かう道は新緑のトンネル
f0353034_08353777.jpg
新緑の木立にツリバナの木を見つけたのに、なかなか上手く撮れなくて(涙)
f0353034_08353030.jpg
雪道を歩くのとは違い今回は楽々、登山口に到着
今日は前回より手前にある狸窪から登り始めます。

f0353034_08352295.jpg
登り始めた頃は一人で歩くにはちょっと心配でしたが
進むにつれ光が木々にあたり、エゾハルゼミと鳥の囀りだけが心地よく
f0353034_08351355.jpg
咲き残りのシロヤシオを見たときは嬉しくなりました。

f0353034_08350426.jpg
f0353034_08345710.jpg
風が通らない道は蒸し暑く、大汗をかいていた私
ちょっと休みなさいな!と、通せんぼしてくれた蝶
ヤマキマダラヒカゲでしょうか?

f0353034_08345168.jpg
半月峠に到着
この道は人気がないのか、通る人が減っているのか出会ったのは
もうすぐ峠にでる頃にお独りだけでした。
f0353034_08344480.jpg
ここからは風が通り抜け、気持ちいい笹原の尾根歩き 
f0353034_08343787.jpg
左右から大合唱のエゾハルゼミ
とても近くに聞こえるので探してみると見つかったのは抜け殻
やっと地中から出てきたんだね、いっぱい鳴いておくれ
f0353034_08343082.jpg
今日の山頂はあそこかな
やっと山が見えてきたのに休憩しようと思っていた阿世潟峠へは
思いのほか距離がありなかなか着きません。
f0353034_08342529.jpg
尾根の途中でシロヤシオに励まされ
f0353034_08341906.jpg
阿世潟峠に到着したのはちょうど12時
ここでおにぎりを一個食べてエネルギーを補給
これからの登りに備えます(笑)

f0353034_08341484.jpg
新緑に彩りを添えていたのはヤマツツジ
f0353034_08340867.jpg
振り返り見下ろしてみると
木がない場所の下が阿世潟峠になるので、だいぶ登ってはいる。
f0353034_08335067.jpg
日光男体山と中禅寺湖を眺めながらゼリー休憩
スッキリ見えないのが残念
f0353034_08334441.jpg
登りはまだまだ続き、あそこまで登ればと頑張ると
f0353034_08333964.jpg
また次の登りが待ちかまえており
f0353034_08333215.jpg
登りきるとまた似たような登りが待っている~(>-<;)
今日は励ましてくれる友がいないので、自分に応援しながら頑張ります。
f0353034_08332513.jpg
やっと到着した山頂は意外と狭く、
私の前を歩いている方もいたのに誰も居ませんでした。
f0353034_08331336.jpg
山頂の先、この林を抜けた広い場所で皆さん昼食をとっていました。
f0353034_08331826.jpg
そこからは大平山分岐の尾根道と黒檜岳が見えます。
この反対側には白根山や皇海山が霞んで見えていたのですが写真がありません。

f0353034_08330631.jpg
おにぎりを食べてひと休み。バスの時間もあるので早めに下山です。
傾斜がきついのにストックを持ってこなかったので注意して下ります。
f0353034_08325935.jpg
アンテナ塔がある、この岩場が前回の到着地点
やはりあの日の時間で山頂へは無理だったのがわかります。
f0353034_08325392.jpg
正面の高い山が半月山
その下の尾根を越えてきたことになるのかな
f0353034_08324897.jpg
下りは前回登って来た道を歩きます。
f0353034_08324290.jpg
こんな階段が苦手な私は、雪道の方が歩きやすいと思ってしまう。
f0353034_08323528.jpg
帰りの下りはあっという間です。
社山に登る人はこの登山口を利用する人が多いようです。

f0353034_08323148.jpg
意外と長い湖畔沿いの道
阿世潟に下山中も沢向こうに猿の集団がいるのが見えましたが
まさかこんな普通の道でくつろいでいるとは!

10分程待ってみましたが、動いてくれる気配なし
しかたなく静かに背後を通過しようと歩き出すと右手の林の中へ
本当はこんな時どうすれば良いのでしょうか?
f0353034_08322480.jpg
ここは小寺ヶ埼になるのかな、この辺りも釣り人が何人もいらっしゃいました。
何種類かのマスなどが釣れるようですが、
先日は熊が釣り人の荷物を持っていく騒ぎがあったようです。
f0353034_08321755.jpg
帰りも出会う方は少なく、山頂でお会いした2組と
自転車で駐車場と阿世潟を往復して登られたと言ってた方のみ
いちばん人にお会いしたのは私が登る時に下りてらっしゃる方々
それでも20人にも満たない人数ではないかな...
この時期は千手ヶ浜や高山の方が人気で、大勢の人が訪れていることでしょうね。

f0353034_08320122.jpg
行きの時に偶然見つけた九輪草の自生地
道の下に咲いていたので気が付く人は少ないのかもしれません。
とっても可愛い花、群生してくれるといいな♡

f0353034_08315320.jpg
帰りがけに青空が広がってきた男体山
こちらから登るのと、この裏側とはまた違った一面があると聞いたので
一度泊りで訪れてみたい山です。

とりあえず、冬の宿題を終わらせ満足な一日でした。

冬の様子はこちらからどうぞ

[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2016-06-03 11:17
えらいなあ、宿題ちゃんと済ませるなんて(^^ゞ
うす曇りなのが残念。
私は、半月峠にバスの入る季節の紅葉時に
また行こうかなと思っています。
Commented by yamausagi-sa at 2016-06-06 15:10
☆ palletさん
そうなの!あの日の真っ青な空が欲しかったです(笑)
コースをどうしようか迷ったのですがpalletさんとゆきさんのブログで
半月峠からの道がとっても気持ち良さそうだったので同じコースにさせていただきました。
紅葉の季節も綺麗でしょうね。その時は快晴になるといいですね(^-^)

by yamausagi-sa | 2016-06-02 18:05 | 山 2016 | Comments(2)

自然の中をてくてくと…時には雲の上まで歩きたい。山のことを中心に日常のetc


by 山うさぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31