ハイキングじゃないよ登山だよ *にゅう 苔の森

                      2016・6・4(土)
                        白駒池~にゅう~中山峠~高見石小屋~白駒池

f0353034_20180081.jpg

6月第一週の週末、お友達家族から嬉しいお誘いをいただき
晴天の3日間を蓼科で遊んできました。

山の装備はしっかり持っているものの
「登山はしないよ、ハイキングだよ」と言っている友達のご主人
はて、どこまでをハイキングとしようか?
蓼科でどこを歩こうか相談している私と友達





金曜日に休暇をとり蓼科ハーベストに宿泊していたので
この日は特別早起きでもなく身支度を整えスタートしたのは8時
f0353034_21544513.jpg
一緒に歩くのは、たぁちゃん・壮ちゃん夫妻
去年の秋に滝子山に行って以来なので久しぶりです。
(もちろん、この時もあれは登山だと言われました。確かに!)

f0353034_20174970.jpg
積雪が少なく雪解けが早かったのと、天候が良くまだ雨も降ってないので
苔の様子が心配ですがスタート地点はこんな感じでした。

f0353034_20173161.jpg
青苔荘からの白駒池の眺め
次回は湖畔が赤く紅葉に染まった頃に来たいな(^-^)

f0353034_20172013.jpg
最初の森は「もののけの森」
ちょうど4年前、2012年の6月に歩いた時は名前がついていたのかな?
f0353034_20171163.jpg
水分を蓄えたコケの美しさに圧倒されたのは覚えてるけど
森に名前があったのを全く覚えてない(苦笑)
今回はやはり乾燥しているな〜(>-<;;

f0353034_20170136.jpg
木道を歩いていると木々の間から対岸が見える
f0353034_20165492.jpg
倒木や岩にコケがつき、さらにそのコケの上に新しい命が芽生える
ホソバミズゴケに上にウグイスゴケ
ウグイスゴケはコケではなく地衣類なんだとそう
山友に教えていただきました。
f0353034_20164702.jpg
湿原はカラっから、ミズバショウもワタスゲもどちらの姿もなし
どちらかは見れると思ったので残念
f0353034_20162286.jpg
f0353034_20161510.jpg

倒木一面に覆っているのはミヤマクサゴケ
倒木に生えるコケの遷移の最終段階


f0353034_20160180.jpg

白駒湿原から先は「にゅうの森」

f0353034_20155449.jpg
コメツガの原生林とコケの絨毯に陽射しが差し込む
あぁ~しっとり濡れてたら!(何度も思ってしまう)
f0353034_20154797.jpg

コセイタカスギゴケと一緒に成長しているのは?

f0353034_20154178.jpg

大きな岩があらわれ、さらに進み岩を登りにゅうの山頂を目指します


f0353034_20153085.jpg

登りきった山頂で最初に目に飛び込んできたのは富士山

f0353034_20152131.jpg
振り返ると白駒池
4年前の山頂は霧に覆われ真っ白な世界だったので感激です。
f0353034_20151271.jpg

こちらは天狗岳でいいのかな?
二人に、このコースを提案したので眺望のいい日で良かった。

f0353034_20150512.jpg

ちょっと腹ごしらえもしたので中山、高見石小屋めざして出発
大き目な岩の間を気を付けて歩きます。

f0353034_20144989.jpg

色が濃く美しいイワカガミが風を避けるように岩陰に咲いています。
この辺りは咲きだしたばかりの綺麗な子ばかりでした。

f0353034_20145743.jpg

コケの間から白い花を咲かせているのはミヤマカタバミ
この日一番見かけた花です。

f0353034_20142715.jpg

中山を過ぎてからの下りは大きな石がゴロゴロしていて歩きにくく
何処に足を置くか気が抜けない下りでした。
この辺りは「オコジョの森」の名前ですが遇うことはかなわずです。

f0353034_20140387.jpg

高見石小屋に着いた頃にはお腹ぺこぺこ
カレーライスが食べたいな~なんて思っていたけど売り切れ(涙)
ラーメンなどを注文してから裏の岩場に登り、白駒池を見下ろします。

f0353034_20135713.jpg
最後の下りは「高見の森」経由で帰ります。
ここでは注意して歩くとタケシマランを見かけることができました。
小さいのでピントを合わせるのに一苦労です(汗)
f0353034_20134987.jpg
f0353034_20133840.jpg
小屋の方がコケはこの道の方がいいよ~と教えてくれました。
種類が違うコケなのに長く伸びた胞子体と呼ばれるものの感じは同じで
先端の蒴(サク)と呼ばれるところで胞子が作られるのだとか。
命をつなぐって不思議で面白いね。

f0353034_20132573.jpg
朝、対岸から眺めた白駒荘側に到着
ぐったりの壮ちゃんと、ちょっとは余裕の残るたぁちゃん
いつも仲良しの二人

f0353034_20130814.jpg

スタートの時に3方向に分かれる分岐点でお疲れ様
いま見ると高見石小屋30分と書いてあるけど、
下りでも30分以上かかるけど…変だな!

f0353034_20125982.jpg

もうすぐ訪れてから2週間が過ぎようとしています。
この森にも雨が降り、この時よりも水を蓄えることができ
生き生きとした苔の森になっていることでしょう。

この日ちょっと残念だったのは一組の団体さん
2度ほど行程の中でお会いしたのですが、その両方で
リーダーらしき方のマナーにちょっとそれはどうなの!と
疑問に思うことがありました。
山はそこに訪れたみんなが楽しむもの、自分たちの組だけが
独占するものではないと思わずにはいられませんでした。
私も夢中になった時など、気をつけないとね!


*コケの名前などに間違いがございましたらお教え願えれば幸いです。        


[PR]
Commented by ゆき at 2016-06-15 21:54 x
あっ、山うさぎさん、宿題一つ済みましたね。
他の宿題も楽しみにしてますよ~。
なんて、私も片づけなくちゃ。
でも、今週末また晴れ間ですって?
Commented by yamausagi-sa at 2016-06-16 15:14
☆ ゆきさん
早速お越しいただき、ありがとうございます。
やっと宿題ひとつ片付けました。(>o<;;
乾徳山も早めに仕上げてしまいたいのですが
ちょっと写真が…なんです(苦笑)
そう!どうやら今週末もお山は呼んでるんですよね~♪
by yamausagi-sa | 2016-06-15 15:55 | 山 2016 | Comments(2)

自然の中をてくてくと…時には雲の上まで歩きたい。山のことを中心に日常のetc


by 山うさぎ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30