飛び入り参加 *乾徳山

2016・6・11(土)
乾徳山登山口〜国師ヶ原〜扇平〜乾徳山山頂〜
扇平〜月見岩〜道満山〜徳和峠〜乾徳公園
f0353034_22392742.jpg
塩山駅で下車する為に座席から立ち上がりザックを背負い準備を整えていると、
こちらを見つめて下さるお二人の顔が!!

今年2度目のバッタリに感謝して、もちろん同行させていただきました。





この日は三窪高原に行く予定でしたので塩山駅からバスに乗り換え
その電車の同じ車両でお会いしたのはpallet隊のpalletさんとゆきさんでした。
いつも健脚でいろんなところを歩いておられるお二人です。

「けんとくさん」に行くけど一緒にとお誘いを頂きましたがピンときません(苦笑)
バスを待つ間に地図を見せていただき、わかりました。
「乾徳山」ガイド本で知ってはいましたが鎖場などもあり私が歩ける山か迷っていた山です。


塩山駅からバスで30分程で到着
トイレを済ませ用意ができたら出発です。
f0353034_22394524.jpg
バス停から車道をちょっと歩き林道に入ります。

f0353034_22391032.jpg
ガイドブックでよく見る登山口の看板
f0353034_22393610.jpg
このまま林道を進むと渓谷歩きもできるのようで、そちらも興味をそそられます。
f0353034_22385836.jpg
フタリシズカの葉っぱの周囲だけ水滴がついれる、どうして?
ちゃんとゆきさんが調べて下さいました。

夜の間に水孔から出てきた水で「排水」というんだとか。
こうして不思議に思った事をきちんと調べるから博識なんですね。
いつも見習わなくてはと感じるのですがなかなか…(>-<;

f0353034_22384799.jpg
最初の水場「銀晶水」
ここで休憩です。だいたい50分歩いて10分するのがお二人のペース
きちんと疲れる前に休憩を入れるとの事で、これも勉強になりました。

f0353034_22381873.jpg
登山道はこんな苔生した箇所もあり飽きません。
f0353034_22380634.jpg
なんの幼虫がいるのかな?
この木にはたくさんの巻かれた葉っぱが付いてました。

f0353034_22374336.jpg
二番目の水場「錦晶水」
ここはしっかり流れ出ていたのでペットボトルに給水していきます。
f0353034_22372811.jpg
国師ヶ原の分岐
この左手には高原ヒュッテがありレンゲツツジが見事でした。
f0353034_22371651.jpg
f0353034_22370511.jpg
進んですぐに出会った鹿
ここは自分の縄張りですから!とばかりに全く警戒心なし
どんどん近づいてくるので、私の方かどうしようかドキドキでした。
f0353034_22365746.jpg
広い笹原の扇平は風が心地よく、ここで昼食にしました。
(ISO感度の設定が間違ったままで、写真が白飛びしています)

f0353034_22364898.jpg
ここからが本日のメイン
f0353034_22363914.jpg
こんな大きな岩場をルートを確認しながら登っていきます。
f0353034_22363018.jpg
「髭剃岩」この奥は断崖だとか
ちょっと行ってみたいとも思うのですが、間違いなく途中で体が…
f0353034_22361456.jpg
どうやって進んでいくのかと思うと陰に階段があったり
f0353034_22342918.jpg
滑る岩に注意しながら登っていきます。
f0353034_12001666.jpg
f0353034_12001257.jpg
この日一番、緊張し楽しかったのがこの岩登り
前の人が登るのをよく見せていただいての挑戦でした。
これからこんな場所がある山にも行けるように練習したいな!
f0353034_22335266.jpg
山頂で記念写真
ちょっと霞んではいますが思いのほか眺望もありました。
下りは迂回路を利用です。

f0353034_22333906.jpg
ザックをデポした近くで見つけた可愛いキノコ
先週の苔の森では見れなかったので嬉しい♡
f0353034_22332564.jpg
扇平から道満尾根に向かう途中にある「月見岩」
この辺りでテント泊でも出来たら気持ちいいでしょうね、駄目でしょうが。

f0353034_22330651.jpg
道満尾根にはいるとヤマツツジが見頃で綺麗な道です。
f0353034_22325652.jpg
f0353034_22324757.jpg
トンネルのように頭上に、脇にそれは見事です。
f0353034_22324038.jpg
何度も立ち止まっては写真を撮ってしまいました。
f0353034_22331558.jpg
更には鈴なりに咲くサラサドウタン
目線と同じ位の高さに咲いているのを見る事が多いので圧巻の眺めでした。

f0353034_22322489.jpg
ぐんぐん下り、まだかな〜と思っていた道満山は木々に囲まれた
目立たない山頂でした。

ここから更に下り、徳和峠でタクシー会社に電話
これで帰りの心配はありません。
f0353034_22304879.jpg
下山口で見つけたモミジイチゴ
夕日に似たオレンジ色、楽しく充実した一日に感謝します。
同行させていただきありがとうございました。

f0353034_22303326.jpg
今日一日、見えないね〜と言っていた富士山が
駅に向かうタクシーの正面に姿を見せてくれました。
優しい運転手さんに車を駐車していただき撮影、ありがとうございました。


いつも楽しい山にお誘いいただく「バッタリ山行」
これからも何度かありそうな予感です。
どうぞこれからもお誘い下さいね!よろしくお願いします(^ー^)/

  ご一緒したお二人のブログはこちらからどうぞ
   *palletさん: そらいろのパレット


[PR]
Commented by koruko-yuki at 2016-06-19 14:44
山うさぎさん、この日はとっても楽しかったです。
スタスタスイスイの山うさぎさんは、歯がゆかったかもしれませんが、
またどこかでお会いしたらよろしくお願いしますね。
白飛びした写真は、うーむ、残念。
いつかまた撮り直しに行ってくださいな。

え~「排水」はこの場合に当てはまるのかどうかは
ちょっと分かりません。
もっと朝はや~く、暗いうちに見た水滴は
まん丸くてキラキラきれいでした。
以下ご参考に。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/vitaceae/yabugarasi/yabugarasi4.htm
http://0084.web.fc2.com/hana.1.657.html


Commented by pallet-sorairo at 2016-06-19 17:30
こんにちは
ばったりしてお誘いしちゃってけど
のろのろピッチで付き合うのが大変だったでししょ、スミマセン(^^ゞ
でも、私はとってもラッキーだった。
山うさぎさんがいなかったら、もしかしたら迂回路行ってたかもです私。
ほんとにありがとう!でした。
またどこかでばったりしそう、楽しみ楽しみ♪
Commented by yamausagi-sa at 2016-06-20 15:56
☆ ゆきさん
>スタスタスイスイ
歯がゆいなど、とんでもないです。
登りなど私にもいいペースで、とっても助かりました。
なんといっても、いつもビリを歩いている私ですから(苦笑)

写真ですが、お二人を撮らせていただいた分も駄目なのがあり
残念でしたし、差し上げられずごめんなさいね。
次回はいい写真が撮れるように、もっと勉強しておきます。

「排水」について、ありがとうございます。
確かに早朝の水滴は葉っぱの端にまん丸についていますね。
早朝に歩く時に見つけることが出来るか、注意して歩くことにしますね!
またのご一緒の機会を楽しみにしていま~す♪
Commented by yamausagi-sa at 2016-06-20 16:09
☆ palletさん
>のろのろピッチで付き合うのが大変だったでしょ
ちっともそんな事なく、意識して休憩を取るなど参考になりました。
いつも一人だとガンガン歩き過ぎて、ぐったりのパターンだったりと反省もあり、
縦走の時などの注意点となりました。

>もしかしたら迂回路行ってたかもです私。
ご一緒させていただいた事が少しでもお役にたてて嬉しいです♡
私も一人で挑戦するより、とっても心強く感じました。
2週連続のバッタリとはなりませんでしたが、やはり可能性はありそうですね(^-^)v
by yamausagi-sa | 2016-06-19 13:00 | 山 2016 | Comments(4)

自然の中をてくてくと…時には雲の上まで歩きたい。山のことを中心に日常のetc


by 山うさぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30